» noteはじめました

【最新】フリーランスとはどういう意味ですか? 自営業との違いは?

全て|2019年08月06日

2019年08月06日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットの普及により、どんどん個人が活躍する時代になっています。
そんな中「フリーランス」という言葉、働き方も普及してきています。

とは言え、フリーランスとはどういう意味か、知らない方もいらっしゃるでしょう。

例えば、フリーランスと自営業の違いは一体、どういうものなのでしょうか。
フリーランスになるには、一体どんなスキルが必要になるのでしょうか。
起業とフリーランスの意味の違いは、どういうものなのでしょうか。

これからフリーランスを目指す中で、たくさんの疑問があるでしょう。
今回はフリーランスがどういう意味なのか、解説します。
ぜひ、フリーランスの意味について理解を深めてみてください。

フリーランスとはどういう意味ですか?

フリーランスとは、会社や組織に所属せず仕事をする人です。
また、個人のスキルを組織や個人に提供して、収入を得ている人です。

例えば、WEBデザイナー。
WEBサイトを作る技術を提供してその対価を得ています。
プログラマーもそうですね。
プログラミングのスキルを提供して報酬をもらいます。
ライターやイラストレーターもフリーランスに該当します。
文章やイラストを書く力を提供しているからです。

コンサルティングであれば、その知見や知識を提供します。
他の技術でも個人で何かしらのスキルを提供しています。

このようにフリーランスは、自分のスキルを提供して生計を立てているのです。
法人登記などはせず、企業という形態ではありません。
ただし、個人事業主としての開業届を出す必要があります。
組織に参加しているわけではなく、基本的に個人です。
フリーランスとは、個人のスキル提供で収入を得ているを意味するのです。

ですので、基本的には経験豊富なプロでなければなりません。
1人でも自分のスキルで会社と同等のスキルを提供できる人です。
だから、フリーランスとしての意味も成り立ちます。

未熟な人がフリーランスをすれば、失敗して終わりです。
周りに助けてくれる人もいません。
経験が少ないのに、自分で全ての仕事を片付けられるでしょうか。

ただでさえ実践のスキルは一朝一夕で覚えられません。
にも関わらず、資金計画や税務なども知らなければならないのです。
最初は技術や仕事をこなすことで手一杯なはずです。
スキルの無い状態でフリーランスになれば、ただ危険なだけです。

フリーランスの意味は、実力主義にその本質があります。
1人でも企業と同等の価値を提供できるから、意味があるのです。
もし自分にそれほどスキルが無いとしたら。
フリーランスとしての意味も発揮できません。
まず就職してスキルアップを目指した方が良いでしょう。

自営業とはどういう意味ですか?

自営業は、少しフリーランスより範囲が広い形態を意味します。

例えば個人でバーを提供していたら自営業です。
WEBサービスを提供していても、自営業になるでしょう。
アプリを開発してオンラインで提供するのも自営業です。

また「受託ではない業態が含まれる」という特徴も含まれてきます。
フリーランスは「自分のスキルを誰かに提供する」という意味が含まれます。
自分の商品やサービスを売る場合、フリーランスの意味には含まれません。
それは、自営業の形態として認識されるでしょう。

ただし、フリーランスも自営業の一つの業態として認識されます。
自営業の1つの形として、フリーランスがあると考えてください。
個人で受託であれ、何らかの事業を行うなら、それは自営業です。
そういう意味で、自営業もフリーランスも同じ意味とも言えます。

自営業という意味には、自分がサービスや商品を作って売ることが含まれます。
フリーランスよりも広い意味を持つのが、自営業なのです。

自営業もフリーランスも個人で開業届を出さなければなりません。
確定申告や請求など、自分でやることがたくさんあります。

フリーランスほどスキルに固執するわけではありません。
なぜらならビジネスの勝機さえ見つければ、いつでも仕掛けるべきです。
スキルうんぬんより、事業で売れるものを見つければ良いのです。
チャンスをタイミングよくものにすれば、スキルの有無は問われません。

フリーランスとフリーターの意味の違いとはなんですか?

ここまで意味を理解した方は、なんとなくお気づきかもしれません。
フリーターとフリーランスは、まったく意味が異なります。

フリーターは企業の末端で責任の無い仕事を請負います。
言ってみれば単純作業であり、特に難しいスキルは必要ありません。
コンビニの店員や、店舗のアルバイト。
誰でも少し練習すればできる作業を雇われて担当します。

当然、同じ時間に毎日職場に行く必要があります。
雇われているのにも関わらず、いつでも使い捨てられます。

フリーランスの意味は特殊なスキルを提供することにありました。
ところがフリーターは、ただの労働力を雇われて提供することにあります。
将来、その多くの仕事は機械に代替えされる単純作業になります。
仕事としても、この人でなければならないという意味はありません。

また、フリーターとして習得したスキルはその職場でしか役立ちません。
社会全体に認められるスキルではなく、固有の場所でしか活きないのです。
フリーランスの場合、社会全体に求められるスキルである場合が多いです。
その特殊性こそ、フリーランスとして意味を発揮するものです。

基本、個人事業主でも自営業でもないので開業届けは必要ありません。
単純作業を任せられる末端の使い捨て要員です。
だからこそ、給料も安く、かつ膨大な時間を費やす必要があります。
仕事としての意義や意味も、それほと重要なものではないのです。

フリーターには、なってはいけません。
なぜなら、スキルが蓄積しないからです。
フリーランスはやればやるほどスキルが蓄積します。
蓄積し、熟練されたスキルによって、報酬が大きく異なります。

ところがフリーターはどれだけ作業に慣れようが大きく評価はされません。
永遠に雀の涙ほどの給料で働かされるだけです。
フリーターは、ある意味、もっとも過酷である可能性があります。

今、フリーターになっている人は、一刻も早く脱出してください。
1日中働くので時間が無く、結果的にスキルを身に着けられなくなります。
そのままの状態が続けば給料が少なくお金がたまりません。
結果、目の前のお金を得るために、フリーターを続けなくてはありません。
貧困の悪循環に叩き落されてしまいます。

早くフリーターを辞めて、スキルを身に着けられる仕事をしましょう。
スキルが熟練され社会に評価されれば、たくさんの人があなたを欲します。
結果、フリーランスとして活躍できる存在になるでしょう。
意味のあるスキル、そして意味のある時間を積み上げてください。

フリーランスと起業の意味の違いとは何ですか?

よく尋ねられる質問に、起業とフリーランスの意味を尋ねられます。
基本的にフリーランスも自分で事業をするので起業です。

起業の意味とは、自分で事業を立ち上げることにほかなりません。
意味としては、起業の一部にフリーランスがあるイメージです。

フリーランスもスキルを提供する事業です。
自分で事業を立ち上げることが起業です。
フリーランスも起業の一部に他なりません。
自営業も個人事業主も、すべて起業の一部です。

よく、起業と法人登記が一緒にされている場合があります。
会社を作ることが、起業だと思いこんでいる方も多いと思います。
しかし、個人事業主で事業を始めれば、登記していなくても起業です。
法人を作ることがイコール、起業ではありません。

この勘違いがきっかけで、起業に必要以上に怖がる人も多いです。
組織を抱えていなくても、チームでなくても。
自分ひとり、フリーランスとしての活動でも起業です。
意味を勘違いしないように気をつけましょう。

フリーランスになるにはどうすればいいですか?

フリーランスの意味は、これで大体理解できたでしょうか。
何をすればフリーランスなのか、フリーランスの意味はなんなのか。
フリーランスがどういう意味か、把握してもらえたら幸いです。

フリーランスの意味がわかったところで、次の議題に移りましょう。
意味を知り、ある疑問をお持ちの方もいらっしゃるのはずです。

「フリーランスって、一体どうやってなるの?」

フリーランスになる方法は明確です。
次のステップを辿れば、誰もがフリーランスになれます。

  • スキルや実績をつくる
  • 売るサービスや商品をつくる
  • 会社員をしながら顧客を見つける
  • 会社を辞めて開業届けを出す

フリーランスの意味でお伝えした通り、まずスキルありきです。
スキルを個人で提供するのが、フリーランスの主な仕事です。
まずは提供できるスキルを身に着けなければはじまりません。

スキルを身に着けたら、今度はスキルをサービス化しましょう。
何を自分が出来るかリストアップして宣伝します。
営業用に自分のスキルをまとめたWEBサイトもほしいですね。

何を提供できるかわかったら、クライアントを探します。
フリーランスは基本的にクライアントありきです。

クライアントから仕事をもらって見積もります。
そしてスキルを提供してお金をもらいます。
仕事を貰えるクライアントがいなければ、始まりません。

まずはクライアントを探しましょう。
できれば会社員時代に顧客を見つけてください。
基本的に仕事が発生するまで数ヶ月はかかるものです。
会社員を辞めてから探し始めては間に合いません。
スタートダッシュを切るためにも会社員時代から顧客を探してください。

できれば副業として、いくつか仕事をしておきましょう。
そうすれば、独立してからもスムーズに仕事に移れます。

スキルもクライアントも用意できたら、会社を辞めましょう。
そして、開業届を出してください。
開業届を出せば、これで晴れてフリーランスとして認識されます。
フリーランスとして仕事を始めましょう。

この流れでフリーランスとして仕事を始めることができます。
もっと詳しいフリーランスのなり方を知りたい方は下記をご覧ください。

【最新】フリーランスになるには? 僕が辿った完全ロードマップ!
https://altea.in/blog/2019/08/06/freerance/

フリーランスとして届け出を出すこと自体は難しくありません。
難しいのはスキルを習得したり、クライアントを見つけることです。

フリーランスのなり方や税金について調べるのは、後回しでOKです。
それよりも、しっかりスキルを覚え、クライアントを見つけてください。
フリーランスとして活動できるのは、それからです。

フリーランスの意味を理解したからと言ってフリーランスにはなれません。
意味の理解だけでなく、実際に行動して実践していきましょう。

フリーランスになるにはどんなスキルが必要ですか?

では、フリーランスになれるスキルとは、一体どういうものなのでしょうか。
個人で提供できて、しかも特殊性のあるスキルです。

労働力以上の、訓練しなければできないスキルであることが前提です。
誰もが提供できる労働力であれば、フリーランスとして価値がでません。
フリーランスとして活動できる意味も無いでしょう。
フリーランスの意味は、そのスキルが「特殊だから」こそ意味があるのです。

では、フリーランスのスキルとは一体なんでしょうか。

できるだけ社会に求められていて、出来る人が少ないスキルが良いです。
以下にいくつか例をあげてみます。
一体自分には何が向いているのか、考えてみてください。

  • WEBデザイナー – WEBサイトやWEBアプリをデザインし開発する
  • エンジニア – WEBサイトやアプリなどを開発する
  • ライター – コピーや文章を書く
  • コンサルタント – 経営や事業づくりについて知識や知見を提供する
  • マーケター – マーケティング戦略を作り実行する

今、社会でフリーランスが活躍している職業をリストアップしました。
もちろん上記だけではなく、フリーランスにはたくさんの職業が存在します。
特殊な技能であれば、何でもフリーランスになります。

何もやりたいことが無い場合、上記から選んでみてください。
どれでも、スキルを磨き上げれば特殊な技能になります。
もちろん1つだけでなく、複数持っていても良いですね。
筆者自身は上記のうちライター以外の4つの肩書があります。

ただし、中途半端ではいけません。
どれもプロとして提供できるまで勉強し実践を積んでください。
しっかりお金をとって提供するのはそれからです。
最初から高く見積もっては、スキルが及ばないときにトラブルになります。

フリーランスとしての価値を発揮できると認められることが先決です。
それから高く見積もっていきましょう。

フリーランスとはどういう意味ですか? まとめ

フリーランスの意味について、大体、把握出来ましたでしょうか。
今回は単純に意味だけではなく、なり方や業種までご紹介いたしました。

フリーランスの意味を把握するだけなら単純です。
知識として意味を理解するのは、そう難しいことではありません。

ところが自分でフリーランスを目指すとなれば話は別です。

フリーランスの難しさは実際のところ、継続にあります。
一時的にフリーランスになれる方は、たくさんいらっしゃるでしょう。
ところが、ずっと継続できるのは一部のフリーランスだけです。

常に努力をし続け、自分の提供範囲を広げ、学び続けること。
実践を繰り返し、どんどん自分でスキルをものにしていくこと。
絶え間ない努力の先に、ずっと求められるフリーランスになれるのです。
そうでなければ、すぐに会社員に戻ってしまうことでしょう。

この記事を読んだみなさんは、フリーランスに興味のある方のはずです。
ぜひ、ご自身でもフリーランスになるために、挑戦してみてください。

今回で、フリーランスの意味は、大体理解できたはずです。
どうやってフリーランスになるのかわかったはずです。
あとは着実に挑戦してみて、本当のフリーランスの意味を理解してみてください。
フリーランスになる意味は、実際にやってみて初めて理解できるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 さらに稼ぐための情報はこちら!

もっと詳しく「具体的」な方法を知りたい方へ!^^

膨大な経験から分かった「成功する複業・事業づくり」をnoteで公開中。

僕らはこれまで、いくつも事業の立ち上げやコンサルティングを行い、事業づくりの実績を作ってきました。

結果、どうすれば複業・起業において致命的な失敗を減らし、成功確率をあげられるがが分かってきたのです。

そのすべての知識や知見、ノウハウ、記録をnoteで初心者にも、わかりやすく解説しています。

起業・複業で稼ぎたいあなたへ。
僕らが辿ってきた成功と失敗、全てをお伝えします。

 詳しくはこちら!

SUI@起業ギーク

WEBサービス大好きです。国内外、6つサービスを作り4つ売却し、リタイアを考えるも退屈だと思い直しやめる。その後、起業の本場である、アメリカ(シリコンバレー)で起業学んで帰国しました。スキルセットはデザイン×WEB開発×起業×英語。

  1. ホーム
  2. ブログトップ
  3. 知識と経験
  4. 【最新】フリーランスとはどういう意味ですか? 自営業との違いは?

SUI@起業ギーク

WEBサービス大好きです。国内外、6つサービスを作り4つ売却し、リタイアを考えるも退屈だと思い直しやめる。その後、起業の本場である、アメリカ(シリコンバレー)で起業学んで帰国しました。スキルセットはデザイン×WEB開発×起業×英語。

起業・複業で稼いできた、全てをnoteに記録中。

僕らの経験した稼ぎ方、学んでみませんか?

起業・複業で稼ぎたいあなたへ。
僕らが辿ってきた成功と失敗、全てをお伝えします。

 詳しくはこちら

起業・複業で稼いできた、全てをnoteに記録中。

僕らの経験した稼ぎ方、学んでみませんか?

起業・複業で稼ぎたいあなたへ。
僕らが辿ってきた成功と失敗、全てをお伝えします。

 詳しくはこちら