» STARTOUTで学ぶ!

小学校のプログラミング教育事情〜2020年から導入って、本当に大丈夫?〜

プログラミング|2020年04月06日

2020年04月06日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本のプログラミング教育は遅れている?

2020年から、小学校での必修化が決まった「プログラミング教育」。実際に学校現場ではどのように指導されることになるのでしょうか。

文部科学省の資料(※1)によると、ハンガリーでは2003年から、インドでも2005年から必修化されているようです。また、最近では2016年からフィンランドでも必修化が始まっているようですから、日本は遅れていることがわかります。

プログラミングの必修化は2020年から

日本のプログラミング教育は、2020年から必修化されています。「小学校プログラミング教育の手引き(第3版)」(※2)によると、プログラミングを教科として扱わず、既存の教科に組み込むことで、子どもたちにプログラミングを学ぶ機会を提供するようです。

ただ、一つ注意しなければならないことがあります。小学校におけるプログラミング授業は「コーディング(実際に関数などを打ち込んでアプリなどを作成していくこと)」ではなく、「情報活用力」を養うこと、「プログラミング思考」を育むことが目的だということです。それに関しては、一般的な「プログラミング教育」とかけ離れしまっているように感じる方が多いのではないでしょうか。

また、現状の課題として、環境整備が遅れてしまっていることが挙げられます。全国的にプログラミングの授業が始まると同時に、子どもたちがPCやタブレットを使える状態になっていることが理想ですが、実際にはそうではありません。

総務省によると、児童への教育用PCは6.2人に1台、Wi-Fi整備率は26.1%であり、子どもたちに十分な教育を提供できる環境とは言えません。(※3)また、指導者も専門的な知識や技術を身につけていないため、あくまで「きっかけ作り」としての教育になってしまうのではないでしょうか。

教えるのは、専門講師でなく学校の先生

日本のプログラミング教育は、既存の教科に関連づけた指導となります。そのため、プログラミングに精通した人が教えるというわけではなく、先生たちがプログラミングの知識を身につけて子どもたちに授業することになります。そのため、コーディング等の専門技術を指導することは不可能と言えます。

今後、プログラミングの授業内容がブラッシュアップされていけば、専門的な人材が配置されるようになるはずですが、それは遠い話になるでしょう。そうなると、企業やボランティアとの連携が欠かせません。また、民間のプログラミング教室との協力ができれば充実した環境になると思われますが、ICT環境の整備が遅れてしまっているので、その整備が急務です。

教育のための人員に関しては、これからも大きな課題として残っていくのではないでしょうか。

プログラミング教育に使われるものは?

先ほどから述べている通り、プログラミングの授業といってもコーディングなどを教えるわけではありません。

小学校からのプログラミング教育に関しては、文科省、総務省、経産相が連携して立ち上げた「小学校を中心としたプログラミング教育ポータル(https://miraino-manabi.jp/)」がありますが、そこにはいろいろな教材(有料・無料)が公開されています。

今後、こう言った教材を使って学習を進めていくことになりそうですが、この教材を活用した学習に至るまでの準備、学びは先生たちにとって負担が大きく、時間がかかってしまうことでしょう。

使用する言語について

学校現場で使用する言語は、色々とあるようです。どういったことを学習するか、教科ごとに使うもの変わりますし、「小学校プログラミング教育の手引き(第3版)」(※2)では、明確に指示が出されているわけではありません。しかし、「小学校を中心としたプログラミング教育ポータル(https://miraino-manabi.jp/)」の教材紹介では、ScratchやRubyなどの教材がいくつか紹介されていました。おそらく、当分の間は上記のような言語が利用されるのではないでしょうか。

あとは、各地方自治体が企業や学生、ボランティアと連携をとっていく中で、それぞれが創意工夫して、日本の小学生プログラミング教育をより良くしていくことになります。

まとめ

ここまで、小学校のプログラミング教育について解説してきました。最後に、簡単にまとめておきたいと思います。

  • 小学校のプログラミング教育は、「教科」としての位置付けでなく、教科指導の内容の一部となる(「情報活用力」や「プログラミング思考」を養うことや目的)。
  • 環境面の整備が遅れており、一人一台のPCが整えられていないところがたくさんある(Wi-Fi環境はさらに足りていない)。
  • 各教科によって活用法が変わるため、言語などの活用法は定まっておらず、これからの課題。

2020年から必修化されたプログラミング教育ですが、まだまだ課題は多いです。子どもたちに充実した教育を提供するために、大人たちはしっかり頑張っていかなければなりません。

【出典】

※1:諸外国におけるプログラミング教育に関する調査研究報告書(https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/__icsFiles/afieldfile/2018/08/10/programming_syogaikoku_houkokusyo.pdf
※2:「小学校プログラミング教育の手引き(第3版)」(          https://www.mext.go.jp/content/20200218-mxt_jogai02-100003171_002.pdf
※3:「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業(https://www.soumu.go.jp/main_content/000491612.pdf

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もっと詳しく「具体的」な方法を知りたい方へ!^^

自分のWEBサービスを作りながら、制作技術を習得しよう!

将来、WEBデザイナーになりたい、エンジニアになりたい。
自分のサービスを作って食べられるようになりたい。
そんな方に向けて、WEB制作×サービス作りのオンライン実践学習サービス「STARTOUT」を開発しました。
自分の事業やサービスアイディアの出し方から、マーケティング、そしてWEBデザインやプログラミングの技術まで体系的に学習できます。
ゼロからWEBサービスを作り、販売し、収益化しながら技術を習得してみましょう!

 詳しくはこちら!

 さらに収益化するための情報はこちら!

altea運営チーム

WEBサービス大好きです。国内外、6つサービスを作り4つ売却し、リタイアを考えるも退屈だと思い直しやめる。その後、起業の本場である、アメリカ(シリコンバレー)で起業学んで帰国しました。スキルセットはデザイン×WEB開発×起業×英語。

  1. ホーム
  2. ブログトップ
  3. プログラミング
  4. 小学校のプログラミング教育事情〜2020年から導入って、本当に大丈夫?〜

altea運営チーム

WEBサービス大好きです。国内外、6つサービスを作り4つ売却し、リタイアを考えるも退屈だと思い直しやめる。その後、起業の本場である、アメリカ(シリコンバレー)で起業学んで帰国しました。スキルセットはデザイン×WEB開発×起業×英語。

ついに! STARTOUT登録開始しました!

自分のWEBサービスを作りながら、制作技術を習得しよう!

STARTOUTとは、WEB制作×サービス作りのオンライン実践学習サービスです。
ゼロからWEBサービスを作り、収益化しながら技術を習得してみましょう!

 詳しくはこちら

ついに! STARTOUT登録開始しました!

自分のWEBサービスを作りながら、制作技術を習得しよう!

STARTOUTとは、WEB制作×サービス作りのオンライン実践学習サービスです。
ゼロからWEBサービスを作り、収益化しながら技術を習得してみましょう!

 詳しくはこちら